最近の韓国の駅近について(역세권、치세권、편세권説明)

美味しい韓国語




突然の質問です。皆さんの家は、駅からどれくらい離れていますか?

500mほど離れて、歩くと10分以内ですか?
そうしたら、皆さんは、「역세권」(ヨッセクォン)に住んでいるのです。

上で皆さんにお聞きしたように、韓国では、「역세권」(ヨッセクォン)という単語があります。漢字では、「驛勢圈」と書くこの単語は、駅から500m程、徒歩10分位かかる場所を意味します。日本語では、「駅近」という表現が一番近いのではないかと思います。

韓国では、都市開発に関する法律にも「역세권」という言葉が使われているほど、その意味や概念が非常に重要だと思います。その意味の通り、駅から近いので、人や資本が集まり、大規模の住宅地が形成されたり、大きな商業地域が形成されたりします。イメージ的には、「역세권」に住んだら、

電車も自由に使えるから楽だし、大きなスーパーも沢山あるので、超便利!

という気がします。(もちろん、その代わり不動産価格は高い) <-これは日本も多分同じだと思いますが、どうですか。。?

ところが、最近、韓国では「역세권」を変形した面白い単語が登場しています。

치세권킨 가게(チキン屋)が家から近いところ。
스세권타벅스(スタバ)が家から近いところ。
맥세권도날드(マック)が家から近いところ。
편세권의점(コンビニ)が家から近いところ。
숲세권(公園、森)が家から近いところ。
슬세권리퍼(スリッパ)などフリーな服装で行けるところ。

韓国語 치세권 스세권 맥세권 편세권 숲세권 슬세권
発音 チセクォン スセクォン メックセクォン ピョンセクォン スップセクォン スルセクォン

この中では、最近のトレンドは편세권と슬세권です。前までは치세권が重要視されていましたが、トレンドも変わっていきます。

 


 




韓国社会では、これらの新しい単語が登場した背景には、住宅環境に対する価値観やフレームが変化しているからだと思います。今までは自分の住まいを選ぶ時に、「移動」、「電車」、「駅」が重要なポイントであったのですが、現在は、自分のライフスタイルを満足させる施設があるかどうかが、重要なポイントとなり、そのエリアを選択することも増えています。

実は、今日、なぜこのような話をしたかというと、今日のお昼に日本人の奥さんと一緒にイーでヤンニョムチキンを食べたからです。数年前までは、東京でデリバリーでチキンが食べられる「치세권」は、新宿や新大久保程度だったと思いますが、今では私が住んでいる地域もチキンがデリバリーできて嬉しかったです。もしかしたら皆さんも「치세권」に住んでいますか?

今日学んだ言葉:역세권(ヨッセクォン)




The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。