【子連れディズニー】1歳半と東京ディズニーランドの周り方徹底攻略!おすすめホテルも紹介

赤ちゃん連れ旅行

こんにちは。東京ディズニーリゾート年パス保持経験を持つ、ぷーもぐ旅行です。

こちらの記事では、1歳半の赤ちゃんとの東京ディズニーランドの周り方・おすすめアトラクションやホテルを詳しくご紹介します。




子連れディズニーのデビューはいつがいい?

こどものディズニーランドデビューには色々タイミングがあり、

  • 0歳のベビーカー時代
  • 1歳の誕生日の記念
  • 1歳半で歩けるようになったから
  • 2歳で色々分かるようになったから

と節目があるかと思います。

我が家のウリ赤ちゃんのディズニーデビューは1歳の誕生日でしたが、ウリ赤にとっては早すぎて笑顔が見られなかったので、先日1歳6ヵ月でディズニーランドに再訪問しました。

▲イッツアスモールワールドの集中力すごかった

▲イッツアスモールワールドの集中力すごかった

1歳半のウリ赤ちゃんは、

  • ひとりで歩ける
  • ミッキー、くまのプーさんが大好き
  • 音楽を聞いたりダンスを見るのが好き

という状態だったので、1歳0か月の時よりはアトラクションも雰囲気も食べるものも楽しめているようでした。

▲トゥーンタウンの噴水に興味津々の1歳半

▲トゥーンタウンの噴水に興味津々の1歳半

子連れディズニーは、シーとランドどちらがおすすめ?

赤ちゃんとのディズニーデビュー日が決まったら、次はディズニーランドかディズニーシーに行くかを決めるかと思います。

日帰りディズニーの悩みどころですね。

結論としては、1歳半であればディズニーシーよりもディズニーランドがおすすめです。

理由としては

  • ランドのほうがシーより1歳半が楽しめるアトラクションがある
  • ランドのほうがシーより1歳半が歩きやすい
  • 1歳半が楽しめるパレード、ショーがランドのほうが多い

からです。

ディズニーシーは坂道が多いので、こどもにとっては転びやすく、ベビーカーや荷物が多い親にとっても大変です。

平坦で坂道の少ないディズニーランドのほうが歩きやすいかと思います。

▲妊娠中のディズニーシーも坂道がきつかった

▲妊娠中のディズニーシーも坂道がきつかった

また、ディズニーシーには陸上のパレードがありませんが、ディズニーランドは広い範囲でパレードルートがあるので、近くからこどもに見せてあげやすいです。

▲パレードはカラフルで動きがあるので1歳が見ても面白い

▲パレードはカラフルで動きがあるので1歳が見ても面白い

1歳半が楽しめるアトラクションは次の章でお伝えします。

1歳半が楽しめるディズニーランドのアトラクション

1歳半のこどもにとっては、東京ディズニーランドはただの慣れない環境であり、こどもの体調や機嫌ファーストで行動することが必要だと思います。

親である私たちは、「せっかくのディズニーランド!」とたくさんアトラクションを周る計画を立てがちですが、焦らずゆっくり行動し、雰囲気を楽しむことを第一として、2-3個アトラクションに乗れたら万々歳だと思ったほうが良いでしょう。

▲ウリ赤ちゃんが一番興奮したのはミートミッキーのキューライン

▲ウリ赤ちゃんが一番興奮したのはミートミッキーのキューライン

公式HPには、赤ちゃんが楽しめるアトラクションが掲載されていますが、元年パス保持者の私が1歳半におすすめするアトラクションは以下のとおりです。

アトラクション名 音量 暗さ 待ち時間 特徴
イッツ・ア・スモールワールド 普通 短~普通 可愛い人形達とキラキラ空間に1歳半の目は釘付け。混んでいる日の待ち時間は20分を超えるので注意
ウエスタンリバー鉄道 暗い場所有 普通 鉄道に乗りながら動物や景色を見ることができる。電車好きのこどもなら更に楽しめる真っ暗になる演出があるので泣く子もいる
ジャングルクルーズ 暗い場所有 普通 船から動物を見ることができるが、船長の声や銃声、爆発音など音が大きめで子どもによっては怖い乗り物となる
蒸気船マークトウェイン号 普通 大きな船に乗って動物や景色を見ることができる。乗船中も船内を歩くことができるのでこどもが飽きにくい
グーフィーのペイント&プレイハウス 普通 家の壁や床を、ペンキ噴射装置で塗り替える参加型アトラクション。1歳半には操作がまだできないかもしれないが、周りの真似をしたり見るだけでも楽しめる
トゥーンパーク 普通 可愛い彫刻が置いてある小さな公園スペース。混んでいる日には子供が多すぎて遊ぶのが難しく、夏だと彫刻が熱くなるので注意
ミニーの家 普通 ミニーちゃんのおうちの中を自由なペースで探検できる。とても可愛い内装で、キッチンなどには楽しい仕掛けもある
空飛ぶダンボ 普通 2人乗りのダンボに乗って、回転しながら空中をまわる。こどもに人気のアトラクションだが、待ち時間が長いので注意
プーさんのハニーハント 暗い場所有 プーさんや仲間たちの姿は可愛らしいが、ティガーとのジャンプシーン、暗い箇所が楽しめるかはこどもによる

ほとんどのアトラクションが、列に並ぶ前にベビーカーを置かなければならないので、待ち時間はこどもも立つか抱っこして待つかになります。

▲ヒップシートでイッツアスモールワールドの列に並びました

▲ヒップシートでイッツアスモールワールドの列に並ぶ

列が進まないとこどもも飽きてしまうので、アプリを見ながら空いている時間に並ぶことをお勧めします。

▲ミッキーの隣はイヤイヤ!のウリ赤ちゃん@ミートミッキー

▲ミッキーの隣はイヤイヤ!のウリ赤ちゃん@ミートミッキー

ディズニーランドでお昼寝どうする!?

1歳半であれば、お昼寝をする子がまだ多いと思います。

ディズニーランドで1日遊ぶならば、

①午前中に乗りたいアトラクションを1-2個乗る

②トゥーンタウンなどで体を動かして体力をつかう

③お昼ごはんを食べる

の後に、ベビーカーや抱っこ紐で寝かしつけのが良いかと思います。

ディズニーランドの園内はどこにいても音が大きいので長時間お昼寝してくれるかはこどもの個人差が大きいかと思いますが、

寝入ったらベビーカーをフラットにして、光が入らないように風を通す布でベビーカー内を暗くしてあげると割と寝てくれるはずです。

▲ベビーカーは真っ暗にすると長く寝てくれやすい

▲ベビーカーは真っ暗にすると長く寝てくれやすい

こどもがお昼寝している間に、お土産屋さんを見たり、カフェで休憩することをお勧めします。

ちなみに我が家のウリ赤ちゃんは、お昼ご飯を食べた後すぐに、抱っこ紐でマークトウェイン号という船に乗ったら揺れが心地よくてお昼寝し始めました。

▲抱っこ紐で乗るマークトゥエイン号は心地よさそう

▲抱っこ紐で乗ったら寝たマークトウェイン号

1歳半が食べられるランドのレストラン

ディズニーランドには赤ちゃん用の椅子もあるので、普通食が食べられるようになっていれば1歳半も楽しめるレストランがあります。

レストラン名 予約 1歳半が食べられそうなメニュー
北斎 必要 うどんがある和食さん。人気で予約を取るのが難しい
スィートハートカフェ 不要 パン屋さん。味が濃いものしかない場合があるので注意
ボイラールームバイツ 不要 うきわまんが食べられる。近くにベンチもあるので休みやすい
キャンプウッドチャックキッチン 不要 おにぎりサンドやコンボプレート。席数多め
ハングリーベアレストラン 不要 こども用カレー。席数は多いが混んでいる日はかなり待つ
キャプテンフックスギャレー 不要 ピザ、ミッキーカステラケーキ
クイーンオブハートのバンケットホール 不要 鮭、パン、スープ、混んでいる日はかなり待つ
▲ミッキーカステラよく食べてくれた

▲ミッキーカステラよく食べてくれた

レストランの予約(プライオリティシーティング)を使うのも良いと思いますが、

1歳半であればまだお昼寝の時間や行動時間にムラがあるので、

モバイルオーダーシステムなどを使って時間を気にせず行動するのがオススメです。

1歳半のディズニーランド周り方一例

我が家のウリ赤ちゃん1歳半は、だいたいお昼寝パターンが12時前後です。

参考までにどのようなスケジュールで周ったかお見せします。

9:20 入園 ゆっくり歩きながらトゥーンタウンへ移動
9:30 トゥーンタウン トゥーンタウンを歩いてお散歩。公園エリアより噴水に興味。
9:50 イッツアスモールワールド 待っている間も人形や電車の様子を見て耐えられた。ボート一列目に乗り、真剣に人形達を見ていた
10:20 ミートミッキー 大好きなミッキーだが本物にはギャン泣き。キューラインには子どもが好きそうな仕掛けや置物があったので、最後まであまり飽きずに待てた
11:20 キャプテンフックスギャレー 事前にモバイルオーダーしておいたミッキーカステラを受け取る
11:30 キャンプウッドチャックキッチン 事前にモバイルオーダーしておいたコンボプレートなどを受け取り、室内で食事
12:10 蒸気船マークトウェイン号 抱っこ紐で乗船。揺れが心地よくて途中で眠ってしまう
12:30 お土産やさん 子どもが寝ているうちに、お土産やさんをぶらぶら
13:10 リフレッシュメントコーナー 飲み物を買って、外のテラス席で休憩
13:30 起床 お昼寝から目を覚ます
13:45 ウエスタンリバー鉄道 ウリ赤は電車好きなので、待っている間も電車を眺めて楽しめた
14:15 ジャングルクルーズ キューラインが1歳半にとっては飽きやすく、待ち時間が苦痛。

普段はゾウやカバが好きだが、色々な音が大きくびっくりしてあまり笑わず。

14:50 プーさんと写真撮影 入口近くにプーさんがいたので、遠目に見ていたらプーさんから寄ってきてくれたので写真撮影。したがウリ赤はギャン泣き
15:00 退園 駐車場からディズニーリゾートラインを眺めて大満足

私たちは空いている日を何よりも重要視していたため、混雑予想を見て平日に行きました。

そのため、翌日は保育園(仕事)なので疲れが残らないよう早めに退園して帰宅しました。

▲ミッキーの風船高いけど1週間使えたからコスパ良いかも

▲ミッキーの風船高いけど1週間使えたからコスパ良いかも

1歳半が泊まれるおすすめディズニーホテル

1歳半という月齢は、

・ベビーベッドでは小さすぎて寝れず

・大人のベッドでは落下が怖い

という微妙な年齢で、安全に布団で寝られる和室や床で寝られるホテルを探すことが多いかと思います。

ディズニーランド周辺にはそのようなホテルも多いかと思いますが、イチオシは2024年6月新規開業の星野リゾート1955 Tokyo Bayです。

ゴロゴロ寝台付きスーペリアルームでは、落下の心配がないスペースで子どもが寝ることができます。

(引用)星野リゾート1955 Tokyo Bay公式HP

また、おむつやベビーソープ、貸出絵本など、こども向けのアメニティが豊富なのでディズニー旅行の荷物を減らすことができます。

 

まとめ

1歳半とディズニーに行くならシーよりランドのほうがおすすめです。

計画は詰めこみすぎず、1歳半でも楽しめそうなアトラクションに2-3個乗れれば万々歳というところです。

レストランは、前述した一覧の中から候補をいくつか決めておき、モバイルオーダーを使ったり、こどもの活動量を見ながら行き当たりばったりでも大丈夫です。

ディズニー周辺で宿泊するなら、星野リゾート1955 Tokyo Bayのゴロゴロ寝台付きスーペリアルームがおすすめです。

▼予約はこちらから

以上、1歳半と楽しめる東京ディズニーランドの周り方をお伝えしました。

楽しい旅行になりますように♪

 

ぷーもぐ旅行は「家族と世界を見に行こう!」をテーマに、家族全員が楽しめる旅行情報を発信しています。

ぷーもぐ旅行Youtubeは「テレビ朝日 中居正広の土曜日な会」で紹介されました。

ぷーもぐ旅行Instagramは「笑うメディアクレイジー」で紹介されました。


▼ぷーもぐ旅行の人気記事を読んでみる

【東京子連れ】赤ちゃんと泊まれる畳付き、おすすめホテル!MONday Apart Premium上野

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓夫婦ぷーもぐのもぐです。 茨城のド田舎ですくすく育ち、国際教養大学を卒業、東京で会社員生活してます。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、韓国人ぷーさんと出会いました。 旅行と食べることが大好きで、夢はぷーさんとウリ赤ちゃんと世界一周です!