おっさんずラブは彼氏に受け入れられるか

日韓カップル日本生活

こんにちは、日韓カップルぷーもぐのもぐです。最近過去の日本ドラマを一緒に見るブームが来ているわたしたち。この間は義母と娘のブルースを見終え、今回はおっさんずラブを見終えました。なぜおっさんずラブを見始めたかというと、韓国人彼氏ぷーさんから人気のある日本ドラマを聞かれ、Amazonプライムで探したところ、視聴率が良かったという記憶があるドラマがおっさんずラブしか見当たらなかったからです。笑 ぷーさんにはおっさんずラブがどういう内容なのかを全く教えずに一緒に見ることにしました。

最初の15分で感じ取ったボーイズラブ(ネタバレ有り)

おっさんずラブは社会現象を巻き起こしたといってもいいほどの人気ドラマで、2018年にテレビ朝日で放送された全7話の短めの連続ドラマです。これをきっかけに田中圭と吉田鋼太郎は一気に人気俳優の地位を確立しました。特に田中圭はおっさんずラブがきっかけで脇役から主演級の俳優になりましたよね。放映終了後も、続編ドラマ「おっさんずラブin the sky」や映画版が放映されるなどいまだに根強いファンがいます。

ぷーさんはまず、「おっさん」という日本語を知りませんでした。なのでタイトルを見ても「おっさんずラブ」が「おっさん’s LOVE」ということには気付かず、まさかおじさん同士の恋愛ドラマだとは思わなかったでしょう。面白いので、おっさんずらぶがボーイズラブの話だということは伝えずに見始めることにしました。(ここからはネタバレ有り)一話目で、吉田鋼太郎演じる黒澤部長が田中圭演じる春田を陰ながらサポートしてくれる場面で早速ボーイズラブ感を感じたぷーさん。「え?これもしかしてボーイズラブの話?これが人気だったの?うそ?田中圭がボーイズラブ?」と矢継ぎ早に質問をしてきますが無視して見続けます。

黒澤部長が春田に告白し、ボーイズラブドラマであることが確定すると「ボーイズラブドラマか・・」とガッカリした様子でお気に召さない感じでしたが、2話目、3話目と見ているうちに、ヒロインのちずちゃんや、林遣都演じる牧くん、牧くんの元カレの存在が明らかになると段々面白くなってきたようで、笑いながら一緒に見ることができました。

「この後輩も田中圭が好き?この課長さんも?ちずちゃんも?」と興奮多めなぷーさん、内容としては分かりやすく展開が早くテンポも良いため、日本語勉強になりつつドラマとしても楽したようです。日本語勉強として見るおっさんずラブは、田中圭や林遣都、会社の後輩マロ役の金子大地が若い男性らしいとてもナチュラルな演技なので、セリフが面白いらしく「そうじゃねぇよ」「やべっ」のようなあまり覚えてほしくないしゃべり方をぷーさんが覚えてしまいました。笑

最後にぷーさんの感想です。韓国にもボーイズラブドラマはありましたが、私自身、ボーイズラブドラマを初めて見たのでテーマ自体は新鮮でした。田中圭の滑稽な演技がとても面白かったのですが、顔のしわで演技をしている感じがやりすぎ感がありました。最終話で一年後、牧と別れて突然黒澤部長と一緒に住んだり付き合っていたことは衝撃でした。個人的には田中圭と幼馴染のちずちゃんカップル、そして部長は元の奥さんとくっついてほしかったのですがだめでした。しかし最終的には部長以外はみんな幸せそうで、ちずちゃんは外国人男性、元奥さんはマロくんと幸せそうに過ごしていて良かったです。ドラマでは、日本独特のリアクションである「はぁ~~?」「まじ!?」「おい!」というセリフが多く出てきて日本らしいと感じました。前回もぐちゃんと一緒に見た義母と娘と比べて、大きな事件や展開がなく、内容に弱さを感じましたが面白かったです。なんか田中圭以外はあまり目立たないドラマだと思いました。韓国人からの評価はあまりよくないですが、続編のおっさんずラブ劇場版もぜひ見てみたいです。

ということでした。義母と娘のブルース、おっさんずラブ、と2人で見終えました。次の日本ドラマは何を見ようかな~。

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。