ホワイトデーは韓国にもあるの?

日韓カップル日本生活

突然ですが、韓国人彼氏と聞いてイメージするのは、彼女にとびきり優しい、欧米人のような愛情表現、サプライズが上手などではないでしょうか?賃貸を2人で契約しに行ったときにも、初対面の担当のおば様に「あら!韓国人なの?いいわねぇ、韓国人彼氏ってすごく優しんでしょう?いつもドラマで見てるわよ、うらやましいわぁ~」なんて言われていました。
本日は、そんな高いハードルを背負わされている韓国人彼氏のぷーさんがホワイトデーにわたしにしてくれたことをお伝えします。

韓国のホワイトデーは

わたしがバレンタインデーにぷーさんにチョコを作ったとき、そもそも韓国にはバレンタインデーやホワイトデーはあるのか?と思っていました。2月14日のバレンタインデーは海外から日本に伝わったものですが、3月14日にお返しをするホワイトデーは日本発祥のイベントです。ただ、韓国や他のアジアの国でもホワイトデーはあるようで韓国では화이트데이(ホワイトゥデイ)と言います。




日本と同じで、男性がバレンタインデーのお返しをしたり、バレンタインデーに何ももらっていなくても、好きな女性に告白したりする日です。韓国ではお返しとして、マカロンやキャンディーをあげることが多く、お返しの平均価格帯は

  • 10代で3,800円
  • 20代で6,400円
  • 30代で8,200円

と割とお高めです。(韓国eBay調べ)

バレンタインデーにもらった価格の2倍返しが目安とされているそうで、それは日本と同じですね。また、韓国の女子高生と女子大学生を対象に行われた【最もいらないホワイトデーのお返し】笑 という調査の結果は以下のとおりでした。

1位 キャンディー
キャンディバスケットといわれる、色々なキャンディの詰め合わせがいらないと思われているようです。

2位 折り紙の鶴100枚
こんなプレゼントする人がいるの?と思いましたが、いるそうです。笑 あなたに対するわたしの気持ちをこめてこんなに折りましたよ、ということでしょう。

3位 気持ちがこもっていない適当に選んだだろうと思われるお菓子
直前にコンビニで選んだでしょ、と思うようなお菓子ですかね

4位 ブランド商品

5位 商品券、ギフト券

日本と割と似ている韓国のホワイトデーですが、ぷーさんはわたしに前日からフライングサプライズをしてくれました。

ホワイトデー前日からサプライズ

ホワイトデー前日の3月13日、ぷーさんは定期券の払い戻しに出かけるといって家を出ました。ぷーさんが戻ってきたあと、二人でそれぞれ仕事をしていると「もぐちゃん、今日のおやつは何がいい?」と聞かれました。「う~ん、何か甘いものが食べたいな」と答えると、ぷーさんが冷蔵庫からケーキを取り出してくれました。

1日早いですが、ホワイトデーのケーキです!もぐちゃん、ホワイトデーおめでとうございます!なんとぷーさんはわざわざ自転車で、遠いケーキ屋さんまでケーキを買いに行ってくれていました。わたしの好きなピンク色の可愛いケーキです。まさかケーキを買いに行ってくれていたとは思わなかったので、とても嬉しく幸せな気持ちになりました。
そして、「フルーツロールケーキも買ってきたので、明日もぐちゃんのお母さんたちと一緒に食べましょう」と、明日急遽仕事で東京に来ることになったわたしの両親のためにも、ホワイトデーのケーキを買ってきてくれたのです。

サプライズはわたしに対してだけではなく・・・!?

ぷーさんが買ってきてくれた美味しいケーキを食べたあと、ぷーさんが困り顔でいいました。

実はね、明日のホワイトデー、もぐちゃんの実家宛にお母さんへマカロンを届くように頼んであるの
ええ?本当?わざわざありがとう。気を使わせてごめんね!
お母さんと、叔母さんにバレンタインデーに美味しいチョコレートをもらいましたので。二人分をまとめてもぐちゃんの実家にクール便で送る予定なんだけど、明日お母さんたち仕事でこっちくるでしょう?
あ・・・たしかに。仕事は夕方までだから明日は受け取れないかも。せっかく頼んでくれたけど次の日になっちゃうな
でも、次の日でもクール便で届くんだね!それなら大丈夫です

なんとぷーさんは、わたしにだけではなく、バレンタインデーのお返しとしてわたしの母と、叔母にもプレゼントを用意してくれていました。義理堅い!!

ぷーさんのそういうところが大好きです。ちなみにバレンタインデーのとき、わたしの母はぷーさんにピエールマルコリーニのチョコレートを、叔母さんはジャンポールエヴァンのチョコレートをくれました。

ホワイトデー当日に更なるサプライズ

わたしの両親が仕事の前にわたしたちの家に寄り、ぷーさんが買ってきてくれたロールケーキを4人で食べました。ぷーさんのホワイトデーはこれだけではなく、なんと家に宅配便が届いたのです。大きな段ボール箱。中を開けるとわたしの好きなピンク色の可愛いチューリップの花束でした。そしてメッセージカードも入っていたのです。本当にうれしくて、感動しました。

ちなみに、仕事を終えて実家に帰ったわたしの母は、ホワイトデー当日の再配達でぷーさんからのマカロンを受け取れたそうです。なんとラデュレの詰め合わせでした。

めちゃくちゃ美味しかったそうでお母さんから興奮したLINEが来ました。そりゃこれだけ高いマカロンは美味しいでしょう!笑

ケーキもお花もメッセージカードも、それからわたしだけじゃなくてわたしの親や叔母さんに対しての気持ちも嬉しく、「韓国人彼氏」のイメージなんてもろともしない、ホワイトデーにぷーさんがしてくれたことでした。

以上、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。