ゼクシィから驚きのプレゼントをもらいました

結婚準備

こんにちは、日韓カップルぷーもぐのもぐです。一昨日、家に書留郵便が届きました。差出人を見ると・・ゼクシィ!?ゼクシィの雑誌本体は買ったことがないし、なんだなんだと中身を見てみるとJCBの商品券が6,000円分も入っています!見覚えがないのですが、3カ月前のわたし、ちゃっかりゼクシィのキャンペーンに応募していたようです。偉い!

ところで韓国版ゼクシィってあるのかな

日本ではプロポーズ=ゼクシィ。結婚したい=ゼクシィ。というイメージがあり、結婚準備のための代表的な雑誌です。良いCMもたくさん流していますし、漫画やドラマでもよくゼクシィが出てくるシチュエーションがあるので、韓国人彼氏のぷーさんも存在を知っています。さて、それでは韓国にもゼクシィ的な存在はあるのでしょうか。

答えはNoです。ただの結婚情報誌という意味ではWedding21という雑誌があるようですが、結婚が決まったら買うなどではないようです。また、日本のように彼氏にプロポーズを促したくて雑誌をさりげなく置いておく、みたいなプレッシャー要員の存在もないみたいですね。

結婚準備は意外とお得

以前のブログでもお伝えしましたが、結婚準備は意外とお得です。各社のキャンペーンに応募したり、ジュエリーショップやブライダルフェアを予約するだけでプレゼントや商品券がもらえたりと結構嬉しいです。その代わり成約したときに高額なお金を払うんですけどね。

今のところ、

・アニヴェルセルからディズニー入園チケット1枚

・ダイヤモンドシライシからJCB商品券3,000円

・ギンザタナカから金粉マネキュア

・ティファニーから香水

をもらったのですが、今回はなんとゼクシィからJCB商品券6,000円分をいただきました。

ゼクシィ結婚指輪選びキャンペーンがすごい

現在婚約指輪や結婚指輪を選んでいる全カップルにおすすめしたいこのゼクシィのキャンペーン。条件をクリアすれば全員に商品券6,000円分がもらえる超絶お得なキャンペーンです。わたしが結婚準備関係で見たキャンペーンの中では一番条件が緩く、そして高額なギフトだと思います。応募の仕方は簡単で、

  1. ゼクシィのキャンペーンサイトに名前やメールアドレスなどを登録
  2. ゼクシィのホームページから、ジュエリーショップ訪問の予約をする
  3. 実際に訪問する
  4. アンケートに答える

この4ステップだけで全員が商品券6,000円ゲットできます。なんて素晴らしいのでしょう。ただし、ブルガリやカルティエ、ティファニーなどのハイブランドのジュエリーショップは大抵ゼクシィやマイナビウェディングのキャンペーン対象ではありません。わたしとぷーさんはジュエリーショップにたくさん行ったので、もはやこのキャンペーンでどのブランドに行ったのか思い出せませんがダイヤモンドシライシか、ケイウノかギンザタナカだったと思います。

今現在ゼクシィで応募中のこちらのキャンペーンは9月末締め切りですが、わたしが応募したのは6月末締め切りの全く同じキャンペーンだったので結構頻繁にやっているみたいですね。応募できるのは一回限りなので、行ってみたいお店にぜひ行ってみることをお勧めします。初めて訪問するジュエリーショップではどのお店も大体40分~90分くらいはかかるので、時間に余裕を持って予約しましょう。

更にすごいキャンペーン発見

ゼクシィ様がなんともう一つ太っ腹なキャンペーンを展開しています。その名も式場探しキャンペーン!ゼクシィのサイトを通してブライダルフェアを予約すると1軒予約で5,000円、2件予約で15,000円、3軒予約で20,000円がもらえます。20,000円って、、すごすぎますよね。条件は、ブライダルフェア中に写真を撮影し、それをゼクシィに送るだけです。ブライダルフェアでは大体試食が付いてくるのでデート代わりにぶらぶらっとコース料理の美味しい試食をいただき、式場の話を聞くだけで商品券がもらえるということになります。このブログを書き終わったら早速ぷーさんをお誘いしようかと思います。笑

日韓カップルの結婚式

日本と韓国の行き来が簡単にできないコロナ禍のいま、結婚式はどうなるのか全く計画が立てられません。今年結婚式が挙げられなかったカップルで既に来年の式場予約は埋まってきていると聞きますし、日本でやるにしても韓国でやるにしても参加者の人数もまだ定まりません。きっとコロナで海外に行きたくないというひともたくさんいるでしょうね。じゃあ再来年まで待つとすると、今度は妊活にも響いてくるのでなんとも決めがたいです。一刻も早く収束しますように。

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。