結婚前の韓国人との同棲生活を成功させるための秘訣

韓国の最新情報

以前の記事でも書いたように、韓国では結婚前のカップルの同棲は一般的ではありません。日本では結婚前のお試し期間のような形で多くのカップルが同棲していると思いますが、韓国では「え?結婚してないのに一緒に住むの?」といった反応になります。

しかし、私は韓国人ぷーさんと結婚前に同棲して本当に良かったと思います。今日は改めて韓国人彼氏との同棲生活を成功させるポイントと結婚へのステップアップに導く秘訣をお話します。




韓国での”結婚前の同棲”の考え方

韓国では結婚前の同棲は基本的にタブーです。韓国で同棲している未婚カップルのほとんどは、結婚式の具体的な日程が決まっていたり、もう確実な結婚が視野に入っています。

結婚する予定が決まっていないのにカップルで一緒に住むことは、特に親の世代はあまりよく思わないことなのです。日本も、今は学生カップルの同棲も割と多いかと思いますが、10~20年前はあまりよく思われなかったことですよね。

2018年、韓国の保健福祉フォーラムの調査によると、韓国人女性(未婚)の半数以上が”結婚を前提としない同棲に反対”という意見でした。韓国では親世代だけでなく、若い女性も結婚が確実になってから同棲すべき、という考えの人が多いということですね。

日本では結婚を考えていなくても同棲するって割とあるよね

現夫の韓国人ぷーさんも、最初は同棲には大反対でした。

日韓カップルが同棲するなら、両親の許可をもらうこと

まだ結婚が決まってないけど韓国人彼氏と一緒に住みたい!という希望は日本人女性なら結構いるのではないかと推測しています。優しい彼と毎日過ごしたいですよね。

もし、本当に同棲したいならお互いの両親にきちんと話し、同棲の許可をもらうことがとても重要だと思います。実際に会えるなら、一緒に食事をして同棲の許可をもらったり、会えないならテレビ電話で顔を見て話したり、とにかくしっかりと挨拶して、「変な人ではない」ということを分かってもらいつつ許可してもらうことが大切です。

結婚していないのに同棲!?と怪訝な顔をされたら、「日本では同棲が一般的に行われていること」、「同棲のメリット(結婚前にお互いの価値観や生活リズムを知れる、家賃・光熱費など固定費が削減できる)」など、やんわりと伝えてみましょう。

2017年アニヴェルセルの調査によると、結婚前の同棲経験者は半同棲も含めると約半数に及びます。

韓国人彼氏と同棲して良かったこと

結果的に、わたしは結婚前の同棲生活は7カ月となりました。結婚前の同棲にはあまり気乗りがしていなかったぷーさんですが、一緒に住んで良かったと言ってくれました。前述したように、同棲のメリットは

  1. 結婚前にお互いの価値観や生活リズムを知れる
  2. 家賃・光熱費など固定費が削減できる

ということが挙げられますが、なんといっても毎日が楽しいということが一番のメリットではないでしょうか。大好きな彼氏と朝ご飯を食べられる。休みの日に出かけたら同じ家に帰る。そういった日常の幸せを感じられれば同棲生活はうまくいったといえるでしょう。

同棲から結婚へステップアップさせるためには

そんな幸せな同棲生活もダラダラ続けては、結婚が遠のくだけです。同棲するときに、まず「〇ヵ月、試しに住んでみたい」ということを相手に伝え、「結婚までダラダラしたくない」という意思表示をすることが重要です。ただ恋愛を楽しみたい学生なら、期限を決めずに同棲生活をエンジョイするのも有りだと思いますが、結婚適齢期の方、または結婚願望のある方は最初に意思表示をしっかりしなくてはなりません。

ぜひ、素敵な同棲生活を&結婚につながる同棲生活を韓国人彼氏とお過ごしください。アドバイスも受け付けています。

Instagramのダイレクトメッセージからどうぞ☆

★Instagram 日韓夫婦ぷーもぐの日常ほのぼの漫画:https://www.instagram.com/poohandmog/

★以前の記事 韓国ではタブーの結婚前の同棲をするための3つの条件と同棲結果

★関連記事 アラサー婚活迷子だった私が運命のパートナーに出会えた方法

★日韓夫婦ぷーもぐのYoutubeはこちら





 

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。