東京23区で新築マンションの購入を検討

日韓カップル日本生活

韓国人夫ぷーさんとわたしは、東京23区内のアパートで月10万以上の家賃を払っています。駅チカなことと、部屋の広さを考えたらこのくらいはするか、という感じですが1年間で120万以上のお金が、資産ではなくただ消えていっているのかと思うとやっぱり家を買いたいと思い始めました。

中古マンションか新築マンションか

新築マンションは入居した瞬間に価値が落ちるというということは知っていました。なので私達は中古マンションを主に探しています。しかし!住みたい地域の中古マンションは価格がとても高く、新築マンションとあまり変わらない値段なのです。

ねえ、これなら少し高くても新築マンションが良くない?
ほんとだね
こうして気になっていた建築中の新築マンションに見学に行くことにしました。



新築マンションモデルルーム見学

新築マンションの価格はホームページでは公開されておらず、物件エントリーというものに申し込む必要があります。これに申し込むと営業担当者からの電話があるので、まず第一段階のハードルといえます。エントリーすると、営業担当者と電話で1時間の打ち合わせの予定を決めなければなりませんでした。コロナ禍ということで、説明は対面じゃなく電話なんだそうです。

電話での説明当日に詳細な資料がメールで送られてきてやっとマンションの相場が分かりました。3LDKで約8,000万円!

た、高い
もっと安い部屋もあるかもしれないからとりあえず話を聞いてみましょう!

営業担当者との電話では下記の内容を聞きました。

  • マンション概要
  • このマンションを購入するメリット
  • マンション価格
  • 予算
  • モデルルーム見学日

当たり前ですが、営業さんなので良いことしか言いません。マンションの敷地内に巨大なショッピングモールも同時に建設していること、また、小学校も建設される予定であることは確かに大きなメリットです。しかし、その土地柄自体はそこまで良いところではなく、マンションとしての資産価値がどのくらい続くのか、未知数でした。色々聞いてみましたが、営業さんからデメリットを聞きだすのはなかなか難しそう。とりあえず、二週間後にモデルルームを見に行く約束をしました。

モデルルーム見学の流れ

約束の時間よりも30分くらい前に近くに行き、マンションの周りをぐるりと歩いてみました。駅から近く、周りには飲食店も多くあります。建築中のマンションはそのエリアでひときわ目立つ高さで眩しく輝いていました。これが8,000万のマンションか。

モデルルームは4階建てで、建築中のマンションの隣に位置しています。一階のロビーでまずは検温と手の消毒を行いました。その後一流ホテルのような接客の女性に案内されて二階の商談ルームに上がります。ペットボトルのお水と、高級感溢れるウェットティッシュを渡され、担当者が来るまでアンケート用紙を記入しました。

どのような部屋を探しているか、希望の地域はどこか、頭金はどのくらい出せるか、勤務先はどこか、などかなり詳細に記入しなくてはなりません。結婚式場のブライダルフェアを思い出しました。

記入し終わると、この間の電話で話した営業さんが来ました。思ったより優しそうでガツガツはしてない感じです。アンケートを見ながらひとつずつ要項を確認し、またマンションの概要を簡単に聞きました。さあ、ここまでもう1時間かかっています。早くモデルルームが見たい!

やっと上のフロアに上がったと思ったら、ミニ映画館のようなところでした。そこでこのマンションにまつわるミニムービーを見たあと、ミニチュアのような模型を使ってマンションの概要をまた案内されました。住宅街の真ん中に建築しているため、同じような高さのマンションが間近に建つ可能性もあるとのこと。その場合、日差しは何階くらいまで影響されるか、などミニチュアを使ってイメージしていきます。なるほど、だから上に上がれば上がるほど部屋が高くなるのか、と納得です。

さらに上のフロアにあがってやっとモデルルーム見学です。私達が希望する3LDKタイプということで実際の広さが分かります。まず廊下と玄関がホテルのようで重厚感があり素敵です。毎日こんなところに住めたら幸せだと思うでしょう。

玄関の隣には専用の物置き場があり、アウトドアグッズなどを収納することができます。

肝心のリビングですが、やっぱり少し狭いと感じました。3LDKであるがために一つ一つの部屋が小さく、これで8,000万円は高すぎると思いました。

最後に屋上にあがり、建築中のマンションを見ました。この時点で私は絶対買わないと思っていたので既に遠い目です。

元々の商談フロアに戻り、いよいよ見積タイムです。提示されたものはこちら。

毎月の支払が24万2,049円です。これは最低価格で、キッチンや壁やら色々なオプションを付けたら軽く数百万上がるので実際の支払いはもっと多くなります。

………これはちょっと、、無理ですね!
無理だと思ったので無理だと率直に伝えました。営業さんも、私達には払えないと判断した様子で強引な営業もなく、スムーズにその場を後にできました。

新築マンションは諦めましょう
新築が良いなら場所を変えるか、もっと良い中古マンションを探しましょう
こうして私達の初めてのマンション探しはいい勉強になりました。



The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。