外国人の日本での転職活動にビズリーチをおススメする理由

ビズリーチ
ビズリーチ
日韓カップル日本生活

こんにちは!日韓カップルぷーもぐのもぐです。韓国人彼氏のぷーさんとわたしは、去年の同じ時期にお互い転職活動をして実際に内定をもらいました。ビズリーチ、doda、AMBI、マイナビなど色々な転職サイトを使っていましたが、ビズリーチが断トツおすすめでした。




韓国人のぷーさんにとっても日本人のわたしにとってもベストだったのでこれから日本で転職を考えている外国人パートナーがいる方にはぜひ読んでほしいと思い、本日はビズリーチを使った日韓カップルの転職活動について、そしてビズリーチをおススメする理由をお伝えします。

外国人が日本で転職活動する方法

韓国人彼氏のぷーさんのように、外国人が日本で(それなりの企業へ)転職活動するには下記の方法が考えられます。

  1. 企業が自社HPに掲載している求人に申し込む
  2. 転職サイトに登録する
  3. 社員紹介制度を利用する
  4. LinkedInを利用する

① 企業のHPに掲載している求人に申し込む

どうしてもこの会社に入りたい!という希望があるなら、直接その企業のホームページに行って、採用ページから申し込む方法でもいいと思いますが、求人情報の更新も自分でHPで確かめないと分からないですし、そもそも外国人は知っている日本企業が限られるので選択肢がとても少なくなってしまいます。
また、直接企業の求人に申し込んで内定をもらうと、年収・給与の交渉は自分で行わなければなりません。日本人は自分の価値を高く言うことが苦手な人が多いと思うので、年収交渉ができなさそうだと思うならエージェントを通して転職活動を行った方が良いです。

一方、韓国人のぷーさんも含めて、外国人は日本人より年収交渉などハッキリと言えるタイプが多いかと思います。交渉が出来そうなら、直接企業のHPから申し込むこの方法+転職サイトに登録して自分の条件にあった会社を探すのが選択肢が広がってオススメです。

② 転職サイトに登録する

ビズリーチ、doda、AMBI、マイナビなど転職サイトは様々です。希望の職種や条件によってサイトの合う、合わないがあると思いますが今回日韓カップルで転職活動を行い、ふたりとも色んな転職サイトを利用してみましたが、使いやすさ、掲載求人などすべて勘案してビズリーチが外国人にとっても日本人のわたしにとってもベストでした。

理由は次の章でお伝えします。

③ 社員紹介制度を利用する

最近は、転職サイトなどを通さずに社員の紹介で採用面接に繋がる制度が増えてきました。外資企業でも日本企業でも行われていて、一定期間勤めている社員が、優秀な知人を会社に紹介し、実際に採用されたら会社から報酬がもらえるのです。外資企業のほうが積極的に行っているイメージなので、外国人であれば、すでに日本の外資企業で働いている知人に頼んで繋いでもらうのもアリだと思います。

④ LinkedInを利用する

わたしたちが転職活動をしているとき、思いつきもしなかったのですが外国人が日本で転職活動をするならLinkedInが一番手っ取り早くできるかもしれません。転職後のぷーさんの会社でもわたしの会社でもLinkdeInを使って転職してきた外国人社員が多くいます。現在わたしたちもLinkdInを登録している最中なので、また後日更新します!

ビズリーチはとにかく楽に転職活動ができる

ビズリーチをおススメする大きな理由は、他の転職サイトと比べてとにかく楽に転職活動ができたからです。

【ビズリーチ利用の大前提】

料金について

ビズリーチは無料で登録・利用ができますが、有料プランも存在します。
有料プランにすると、プラチナスカウトだけでなく、全てのスカウトが見られるようになる、とありますが、結果から言うと有料にする必要はないと思います。

スカウトの種類は2つあるのですが、プラチナスカウトは、ヘッドハンター(エージェント)が普通のスカウトよりお金を出して自分にスカウトしてくれているということです。つまり、普通のスカウトに対応するより、自分を欲しいと思ってくれているプラチナスカウトだけを狙って対応していったほうが内定率が上がるのです。よって、有料会員にならなくても十分だと思います。

ちなみに、登録後1カ月くらいのタイミングで有料会員と同じ機能が使えるチケットが来ます。ビズリーチは無料で使いましょう。

職務経歴書を登録して待つのみ

まずは、職務経歴書や希望条件を登録して、企業からのスカウトか、ヘッドハンター(エージェント)からの連絡を待ちます。職務経歴書は詳細に書こうとすると2時間くらいかかりますが、最初に登録しておくと面接が決まってからも便利なので書いておくべきです。

韓国人のぷーさんも職務経歴書を登録しましたが、外国人の場合はこのとき日本語と英語2つの職務経歴書を登録したほうがいいです。英語での職務経歴書を登録しておくと、外国人であることが有利に働き、スカウトが増えます。また、他のサイトには掲載されていない求人もたくさん掲載されているのでそこからの応募もできます。

企業からの直接スカウトが早い

ビズリーチは、企業から直接スカウトが来ます。この方法で転職活動をすると、内定までとにかくスピーディーに進みます。スカウトを送ってくれるのは、人事の採用担当者か、部署の担当者です。外資系の会社だと、スカウトのメール段階から英語です。恐らくビズリーチの規定かと思いますが、どの企業からの連絡も「まずは面接ではなく面談をざっくばらんにしましょう」ときます。

しかし、これは実際には一次面接です。笑 ぷーさんもわたしも経験しましたが、ざっくばらんな雰囲気を出しながらも面接の質問がバンバン投げかけられます。わたしは最初、本当にただの面談かと思っていたので一番はじめに受けた企業は準備不足で落ちました。騙されました。笑

また、ぷーさんの場合は一次面接が電話のことも多々ありました。恐らく、電話でも日本語できちんと対応できるかのチェックも兼ねていたのだと思われます。外国人が日本企業を受ける場合には、あらかじめ電話面接の準備もしていたほうがいいでしょう。ぷーさんも、わたしも企業からの直接スカウトで何社か受けて内定をもらいましたが、早くて3週間で内定が出たところもありました。(※韓国人ぷーさんの場合もわたしの場合も、早いところでは一次面接が人事or求人部署、二次面接が役員で終了しました。)

企業からの直接スカウトで内定をもらった場合も、年収などの交渉は自分で行わなければなりません。他社からも内定が出ていて、そちらのほうが提示年収が高い・・・など巧みに年収交渉をしたほうがいいです。とにかく早く&楽に転職活動を終わらせるには企業の直接スカウトが最適です。

ヘッドハンター(エージェント)からのスカウトで手厚いサポートが受けられる

ビズリーチは、企業からの直接スカウトの他に、ヘッドハンター(またはエージェントと呼ばれる)からのスカウトがあります。ヘッドハンターは、スカウトした人材が実際に企業に内定&入社したら、成功報酬としてその人材の年収の3分の1がもらえると言われています。よってヘッドハンターは面接から入社までとても手厚くサポートしてくれます。




【実際にビズリーチのヘッドハンターがしてくれたこと】

  • 自分の希望条件に合った求人提案
  • 面接日の調整
  • 面接の予行練習
  • 履歴書等必要書類の添削
  • 内定辞退の連絡
  • 年収交渉

韓国人のぷーさんにとっては、いちいちエージェントを通さないと企業と連絡が取れないのが煩わしかったようです。しかし奥ゆかしい日本人のわたしにとっては、エージェントを介しての転職がとても楽でした。ビズリーチには外国人のエージェントもたくさんいました。

ビズリーチの掲載企業は大手が多い

ビズリーチをおススメするもう一つの理由が、dodaやマイナビなど他の転職サイトと比べて掲載求人に大手企業が多いからです。dodaなどから来る案件は、

タイトル:●●●●●(大手企業A)、△△△△(大手企業B)など新規案件多数

で、目を引かせておいて中身を見ると

詳細:●●●●●(大手企業A)、△△△△(大手企業B)の関連子会社

●●●●●(大手企業A)、△△△△(大手企業B)と長年取引実績のある会社

というケースが本当に多かったです。dodaやマイナビは中小企業が多く、そして自分が登録した希望条件と全く異なる案件を紹介されるという印象を受けました。一番びっくりしたのが、北関東の道の駅の経理部長の仕事を紹介されたことです。わたしの希望条件の勤務地と職種とかすりもしないので驚きました笑 ぷーさんも同じ印象を抱いたようで、大手企業を狙ったり、年収UPのための転職ならビズリーチだと言っていました。

ビズリーチを使って日韓カップルが転職した結果

ビズリーチを介して転職活動をした結果です。

韓国人ぷーさん 日本人もぐ
内定をもらうまでの期間 1カ月 3カ月
年収 約150万円UP 約20万円UP
ヘッドハンター利用 × 〇(内定ゲット)
企業からのスカウト 〇(内定ゲット) 〇(内定ゲット)
掲載求人への応募 〇(内定ゲット) ×

2人とも、ビズリーチを通した転職で年収は上がりました。内定をもらうまでの期間はぷーさんが圧倒的に早かったです。

おまけ☆ビズリーチからのお祝い金とヘッドハンターからのお礼

ビズリーチを通じて実際に内定をもらって入社すると、お祝い金としてAmazonギフト券5,000円分がもらえます。ぷーさんもわたしも内定が決まってすぐにお祝い申請を申し込んだのですが、いくら待ってもお祝い金が来ない!!忘れられているのかと思いビズリーチに問い合わせたところ入社日から1カ月以内の発送ということでした。

ぷーさんもわたしも入社して2週間後くらいに実際にビズリーチからお祝い金が届きました。2人分合わせて10,000円となり、結構大きい金額になったので除湿器を買おうと思っています♪また、わたしは結局ビズリーチのヘッドハンターを通じて内定をもらった企業に入社したのですが、ヘッドハンターが入社祝いとして御飯をごちそうしてくれるということで楽しみにしていました。結果的にコロナで延期になってしまいましたが、調べたところヘッドハンターは紹介した人材が入社後、一定期間その会社で所属しないと成功報酬が減ってしまうそうで、このようなご飯ゴチという名の入社後ケアも行われるそうです。




ということで、本日は韓国人彼氏のぷーさんとわたしが転職活動をした結果、ビズリーチが断トツでおススメというお話をしました。もし、次に転職するならLinkedInも試すと思います。それでは、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。