日韓夫婦 茨城でおしゃれな和装前撮りがしたい!前撮り準備編

日韓カップル日本生活

こんにちは、日韓カップルぷーもぐのもぐです。日本で和装のブライダルフォトを撮ることにした私たちは、茨城県つくば市のClan Photographyというスタジオを予約しました。今日は前撮りの準備についてお話します。

前撮りに使う小道具は自分で作りたい

最近の和装の前撮りでは、小道具の持ち込みが一般的ではないでしょうか。扇子やガーランド、習字や赤い紐を固定した「寿」の文字など、可愛い小道具をみんな使っていますよね。メルカリで小道具を探すと、2000-3000円と割と高く、これなら自分で好きなように作ろうと思いました。

扇子プロップス

インスタでよく見かける前撮り用の扇子プロップスは、「夫」や「妻」などの文字を入れている人が多いですが、私たちは文字を入れたくなかったので、いろんなパーツを好きなように入れ込むことにしました。DAISOとセリアの品ぞろえに感謝。購入したのは、無地の扇子、お花パーツ、和風柄の折り紙。グルーガンは元々持っていたものを使いました。

和柄の折り紙でお花を作り、余白は既成のお花パーツで埋めていきます。DAISOのグルーガンを使って固定して完成。満足な仕上がりになりました。

完成した扇子プロップスがこちら

習字

以前の清澄白河デートの記事で、清澄庭園に行ったことを書きましたが、そのときに近隣の中高生の書道部が、展示スペースで書道体験を行っていました。1回100円で、書道部の先生の指導付きで習字が書けるということで、前撮りに使えるかも!とぷーさんと参加しました。

「幸せ」と「夫婦」という字を先生にお手本に書いてもらい、じっくり習字ができました。ちなみに韓国でもぷーさんは小中学校で書道の授業があったようで、漢字の習字は初めてということでしたが、割とサラッと書けていました。




紅葉

紅葉の季節に撮影ということで、室内で撮るときにも紅葉感を出したいと思いました。DAISOでもみじとイチョウの造花を買い、1枚ずつ切り離して紅葉にしました。

これを二人で並んで正座しているときにぶわぁ~っと投げて上から紅葉を降らせているような写真にしたいと思いました。

造花の花束

花束を持った写真も撮りたくて、造花の花束を作ることにしました。花嫁ロードと呼ばれる浅草橋の専門店街に行き、イーストサイドトーキョーという造花やさんで好きなようにお花を組み合わせて自分だけの花束を作りました。

色味や花の種類など、たくさんありすぎて迷いましたが、水色を少しいれたい、とかこのお花の形がいい、とか1から選べるのは本当に面白かったです。ついつい買い過ぎて花束は6千円になってしまいました。笑

難しかったのは自分でブーケとして組み合わせることで、Youtubeをみながらお花を合わせていき、スズランテープと結束バンドを使って花束が崩れないように固定しました。ラッピングペーパーもDAISOで購入し、苦戦しながらも花束に巻き付けました。

撮影指示書

小道具の他に、希望の撮影ポーズを書いた撮影指示書を作りました。資料はPPTで作り、どんなポーズをどの場所で、どのくらい忠実にやりたいのかを書き、前撮り当日の1週間前にスタジオに送りました。せっかくプロの方たちに撮ってもらえるのであまり細かく指示しすぎないほうがいい写真ができると思ったので、よほどのこだわりがない場合は「おまかせ」を多く書きました。

撮影指示書以外に、当日はこんな小道具を持っていきます、という一覧と、希望のヘアメイクイメージも同じくPPTで作成しました。

ヘアメイクはゆるふわが良かったのでそのイメージを伝えます。

和装前撮りのためのブライダルネイル

小道具のほかに準備したのはブライダルネイルです。私は今までジェルネイルをしたことがなかったのですが、せっかくなので前撮りのためにネイルを予約してみました。まずは、ジェルネイルに慣れる、という意味で前撮りの2か月前に安めのジェルネイルを予約し、爪の感覚に慣れさせました。

そして前撮り2日前にブライダルネイルを予約。インスタで一目ぼれしたキャンディのようなグレープフルーツのようなデザインを持ち込みでもやってくれるところを探し、お願いしました。3時間の力作で施術中とても疲れましたがやってよかったです。値段は9200円と高めですが、寝ているとき以外ずっと視界に入って「かわいいネイルだな~」と思えるのでコスパは良いと思いました。

しっかり準備した前撮り和装、次回はいよいよ本番当日です。

日韓夫婦ぷーもぐのYoutubeはこちら


★日韓夫婦ぷーもぐの日常ほのぼの漫画はこちら

https://www.instagram.com/poohandmog/

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。