【福島】可愛いが詰まったリカちゃんキャッスルに訪問

日本旅行

こんにちは、日韓夫婦ぷーもぐのもぐです。福島旅行の際に、リカちゃんキャッスルに行ってきました。今回の記事では、女の子に大人気のリカちゃんキャッスルについてご紹介します。

↓福島旅行についてはこちらから

【冬の福島旅行】裏磐梯レイクリゾート五色の森に泊まって、スキーを楽しむ

リカちゃんキャッスル

リカちゃんキャッスルは、福島県郡山市の近くにある日本に一つしかないリカちゃん人形の博物館+工場です。意外と閉館日が多いので、行く際には注意が必要です。こんなところにあるのか?と思いながら閑散とした道を進むと、いきなり青い屋根のファンシーなお城があらわれます。駐車場は無料で、100台停められるスペースがあります。

リカちゃんキャッスルの入口にチケット売り場があり、通常は大人800円、子供600円ですが、公式ウェブサイトの10%OFFクーポンを見せると安くなります。

カードも使えるし、意外と進んでる!

入場券は思わずキュンとしてしまうくらいラブリーで可愛く、チケットの他に入場コインが渡され、そのコインをゲートに入れると中に入れる仕組みです。

こどもが喜ぶやつだねぇ

福島のヨーロッパ!アップルガーデン

リカちゃんキャッスルに入る前に目を引くのが、フランスをイメージして作られたアップルガーデンという庭園です。リカちゃんのパパはフランス人なのでフランスモチーフなのですね。

綺麗なお花とおしゃれなベンチで、かなり写真映えするスポットです。近くにはアップルガーデンカフェという小さなテイクアウト用のカフェがあり、どのメニューもお手頃価格なのでおやつを食べようと思っていたのですが、閑散期だからか肉まんしか売っておらずあきらめました。

ワッフルが食べたかった

これだけ綺麗なお庭ですが、お客さんはあまりおらずゆっくり写真を撮ることができます。

さて、リカちゃんキャッスルの正面玄関を入ると、等身大のラブリーなリカちゃんがお出迎えしてくれます。手元のボタンを押すと音楽が鳴り始め、リカちゃんが動き出します。テンションが上がる仕組みもあるので、ぜひお楽しみに!

リカちゃんなりきりドレス

リカちゃんキャッスルの一つの目玉で、リカちゃんなりきりドレスというものがあります。無料でリカちゃんのドレスを貸してくれる制度で、最初にこのドレスを借りると館内のいろいろなところで可愛く写真を撮ることができるのです。

サイズは80-160cmまであり、大人でもレンタル可能とウェブサイトに書かれていたので私もレンタルするつもりでした。しかし実際は、この写真のように自由に借りれる感じではなく、お土産屋さんの中に見本のサイズがいくつか置いてあり、スタッフさんに頼むと奥の部屋からそのサイズを持ってきてくれるというったもので、大人で借りているひとは一人もおらず恥ずかしくて借りられませんでした。

こどもができたら一緒にいってお揃いで着るもん!




リカちゃんミュージアム

リカちゃんキャッスルには、リカちゃんの歴史がわかるリカちゃんミュージアムコーナーがあります。リカちゃんの家系図をはじめ、数十年前のリカちゃん人形から最新のものまでが並び、歴史が感じられます。

マクドナルドとコラボしたものや、宇宙もの、病院セットや家具家電などリカちゃんマニアにはたまらない展示となっています。特にリカちゃんの家系図を初めて見ましたが、お父さんはフランス人!?リカちゃんには双子の妹と三つ子の妹がいる!?と驚きの連続で興味深かったです。

リカちゃんをよく知らない私たちでも十分に楽しむことができました。

リカちゃんのお部屋

リカちゃんのお部屋を再現したゾーンは全体的にピンクでリカちゃんの可愛らしさを感じることができます。リカちゃんの勉強机には秘密の日記が置いてあったり(書いてあることも可愛い)、パソコンや、電話、目覚まし時計などもポチポチ押すことができます。

リカちゃんなりきり世界旅行

リカちゃんのお部屋を抜けると、ANAの福島空港カウンターが現れます。割と精巧なつくりにテンションがあがる私たち。入場ゲートをくぐると、パリ、ハワイ、香港など世界の街並みが広がっておりリカちゃんと一緒に写真を撮ることができます。

海外の風景がパネルだから映える写真を撮るのがむずかしい!笑

リカちゃんお人形ファクトリー見学

リカちゃんキャッスルは日本で唯一リカちゃんの製造過程を見学することができます。工場は1階にあり、私たちは2階の廊下から下をのぞき込めるイメージです。残念ながら撮影禁止で写真は撮れませんでしたが、顔の絵付け過程、ヘアセット過程、検品過程、と流れをみることができ、リカちゃん一体一体をとても丁寧に手作業で作っている様子が見れました。

思わず見とれてしまい、10分くらいその場でじっとリカちゃんが出来上がる様子を見守っていました。リカちゃんキャッスル一番の見どころといっても過言ではありません。ぜひ一度見ていただきたいところです。

リカちゃんお人形教室 オリジナルリカちゃんを作る

リカちゃんキャッスルには、お人形教室と称したオリジナルリカちゃんが作れるお部屋があります。実は私も小さいころに一度ここでオリジナルリカちゃんを作ったことがあり、それはそれは大事にしていた記憶があります。

まずは好きな人形を選び(リカちゃん以外にも選択可)、好きなお洋服や小物などを自由にコーディネートして世界に一つだけのリカちゃんが完成します。小さな女の子が一生懸命オリジナルリカちゃんを作っていてほほえましかったです。

まとめ

リカちゃんキャッスルは、リカちゃんのことを知らなくてもとても楽しめる観光スポットでした。ぜひ福島旅行の際に立ち寄ってみてください。

日韓夫婦ぷーもぐの福島旅行Youtube動画はこちら

★日韓夫婦ぷーもぐの日常ほのぼの漫画はこちら

https://www.instagram.com/poohandmog/

The following two tabs change content below.

もぐ

日韓カップルぷーもぐのもぐです。 ド田舎ですくすく育ち、国際教養大学に入学。北欧留学を経て大手メーカーに就職・勤務。 アラサーを控え婚活迷子に陥っていたとき、運命の韓国人パートナーぷーさんと出会いました。